秋吉台カルストの湧水 くらとも

雲雲

鳥 鳥 鳥 鳥

トピックス

くらとものこだわり

エコ山口農産物

くらともの農作物はエコ山口農産物に認定されています。

エコやまぐち100の認証マークエコやまぐち50の認証マーク

くらとものお米

イメージ倉友の水田は、カルスト台地で有名な国定公園、秋吉台の山すそにあります。山間地にあるため、昼夜の寒暖差がとても大きく、粘土質の土壌で、とても味の良いお米が育ってくれます。ミネラルをたっぷり含んだ、とてもきれいな水が、いろいろな所からわき出ています。 これもおいしいお米が育つ理由の一つです。

くらともの扱っている品種

くらともではエコやまぐちの認証を受けたエコ米3品種を栽培しております。

おにぎりにオススメ! コシヒカリ。

おなじみの銘柄米です。くらとものコシヒカリはふっくら、もっちりとして、甘く、さめてもおいしいのが特徴です。おむすびに最適で、特にお醤油をさっと塗った玄米の焼きおむすび。ぜひ一度お試しください。

おかゆに最適です。 イセヒカリ。

イセヒカリは県の奨励品種ではないため、一般に出回っていないお米です。すっきりとした甘さの香りのよいお米です。硬質米ですが、通常のお米と同じ炊き方でも、おいしく炊きあがります。炒飯やカレー、それにお寿司にとてもよくあいます。ですが、なんといってもおすすめの食べ方はお粥です。炊飯器のお粥機能を使って、ときにはちょっと目先を変えて、朝食粥を楽しみませんか。

冷めても美味しいお米。 ヒノヒカリ。

ヒノヒカリは主に西日本で栽培されている味のよいお米です。刈り取りが一番遅いため、昼夜の寒暖差を一番受け、どっしりとした甘みのあるお米です。冷めてもおいしいとの好評をたくさんの方からいただいています。

くらとものお米が出来るまで

  • 除草作業を行います(5月下旬〜6月)

    くらとものお米はエコやまぐちの認証を受け「無農薬・無化学肥料」でつくっています。化学肥料は、一切使用していません。肥料は有機JAS栽培用を使用していますが、極力量は抑えています。土地本来の力を生かしたいとの思いからです。エコやまぐちの計画書の承認を受けて作業にかかります。田植えの後すぐに除草作業に入ります。

  • さらに手作業で丁寧に除草します(6月)

    それでも生えてきた雑草は手作業で除草します。炎天下の作業はとても大変です。でも、そこはひと踏ん張り、交替で休みながらの作業です。安心・安全でおいしいお米が出来るように、できるだけ手を加え、大切に育てています。

  • 薄めた木酢液を散布します(8月)

    露が降りるころの作業です。病気や虫よけに木酢液の希釈液で対処しています。木酢液は木炭を焼くときの副産物。もちろん100%自家製です。ちなみに、焼いている炭は、樫炭、茶炭です。

  • 安全でおいしい 「くらとものエコ米」がついに完成です!(9月〜10月)

    稲刈りを終えてついに完成いたしました。1年を通して検査を受け、エコやまぐち100の認証にたどり着きました。これで皆様に商品と共に安心・安全のエコマークを付けてお届けすることが出来ます。

  • 原木椎茸

    椎茸には、採取時期によって、主にどんこ・香信・徳用の3種類があります。

    冬據覆匹鵑魁

    かさのふちがしっかり残っていて、半球状のもの、肉厚で歯ごたえがあります。大サイズはスライスして使うとアワビのような食感で最高においしいです。贈答用に一番人気があります。中サイズは煮物・炒め物・てんぷらに人気があります。もちろん贈答用にもなります。小粒は茶碗蒸し・お汁の実・炒め物などに最適です。

    香信(こうしん)

    かさのふちが残って開いたものです。幅広く料理に使え、一番人気のある商品です。

    徳用(とくよう)

    全開もしくは全開に近いもの、早くもどせて安価なので人気があります。薄葉で戻しやすく、火も通りやすいので、早く調理したときや、炒め物に向きます。

    原木椎茸が出来るまで

    1. 秋に木を伐採し、年が明けてから玉切りにします

      秋、伐採し、年が明けてこのように切っていきます。・・・それにしても大きな木です。格闘しているのは、木を切った本人です。今ではこのように木を切れる人も、ごくごくわずかになりました。

    2. 玉切りにした木に植菌します

      ドリルで穴を開けた後、カナヅチでコンコンと植菌していきます。

    3. しいたけの発生

      この後2夏を経験すると・・・全くの自然栽培のために年によって発生が大きく違います。この後、採取、乾燥、選別とすべて一枚一枚人の手をかけて商品となります。

    カルストの恵み

    カルスト台地に含まれるカルシウムたっぷりの土壌と、天然ミネラル成分がとけ込んだ湧水で育ちました。

    くらもとが使用している水はラムサール条約に登録しているミネラルが豊富な湧水を使用しています。※ラムサール条約は自然資源保全とその賢明な利用に注目し各国政府間ではじめて取り決められた協定です。
    この水は秋吉台地下水系は約2億3000年前の地殻変動で海底の沈んでいた土地が隆起しできたカルスト台地の地下に溜まる地下水系です。
    カルスト台地の地表部分の溶蝕によってできた多くのドリーネから、地表水がゆっくりとろ過をされながら集められた水は地下で巨大な水溜りとなり多くの場所から湧水となって田畑を潤し、飲み水としても利用されています。
    数億年の悠久の時が造り上げた自然の恩恵を十分に受けた作物は全国的に見てもここだけです。

    イメージ

    会社案内

    くらともよりごあいさつ

    イメージくらともは人にも環境にも安心・安全で、おいしい里山の恵みを、できるだけお求めやすい価格で提供したいと努めています。お届けする商品はすべて生産から販売まで目の行き届いたものにしています。この里山での小さな取り組みをぜひ応援してください。

    店舗名 秋芳くらとも
    企業名 株式会社 倉友
    代表者名 倉重 智子
    住所 〒754-0602
    山口県美祢市秋芳町青景3743番地3
    電話番号 0837-64-0817
    FAX 0837-64-0817
    Eメール info@kuratomo.net
    営業時間 AM9:00〜PM18:00 ※日曜日は定休日です
    事業内容 里山の農産物生産・農産物加工品の生産・販売

    山口県「エコやまぐち農産物認証制度」を取得しております

    イメージ「エコやまぐち農産物認証制度」とは、山口県内で生産される農産物のうち、化学農薬・化学肥料を使用しないで栽培された農産物や、通常の栽培方式に比べて、化学農薬と化学肥料の使用量を50%以上減らした農産物及びそれらを主原料とした農産加工品を認証する山口県独自の制度です。株式会社倉友は、山口県「エコやまぐち農産物認証制度」にもとづく、「エコやまぐち農産物」生産認証基準に適合した、「エコやまぐち農産物」生産者に認証されています。

    アクセスMAP


    大きな地図で見る

    Facebookのご案内

    くらともではFacebookを開設して最新情報を発信しています。
    田んぼの様子等写真つきで掲載しております。ホームページと合わせてご覧ください。

    くらともFacebook